So-net無料ブログ作成

アレフの被害弁済、20億円残=追加支払いは360万円−オウム事件(時事通信)

 オウム真理教による地下鉄、松本両サリン事件などの被害者への賠償問題で、後継団体の「アレフ」は16日、被害者側に約360万円を新たに支払ったと発表した。しかし、依然として20億円を超える支払い義務が残っており、被害弁済は滞っている。
 記者会見した荒木浩広報部長は「会員の減少や高齢化、不況により支払い能力は大きく低下しているが、道義上の責任に基づき誠意ある対応をしたい」と話した。 

【関連ニュース】
〔用語解説〕「地下鉄サリン事件」
サリン事件風化させるな=地下鉄駅でテロ対策訓練
「目が疲れる」「現場に近づけない」=サリン被害者、症状継続
オウム、青年層にターゲット=新規入信、事件時未成年が5割
オウム給付金、8割が申請=後遺障害は想定の4.6倍

トキ襲撃 正体はテン 網目62カ所拡大 すき間から侵入か(産経新聞)
局長級が定期協議=分野別「ホットライン」も−連携強化へ、日韓警察が合意(時事通信)
佐賀城 半世紀ぶりの堀干し ハス復活へ250人が参加(毎日新聞)
水族館で初!55年で5555万5555人(読売新聞)
小沢側近中心の教育新議連、予算めぐり仕分けに圧力?(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。